本文へスキップ

KANEMITSUは、設計から施工までを自社で行う住宅リフォーム・リノベーション会社です。
      木造住宅の耐震診断から耐震補強を随時受付中!!

電話でのお問い合わせはTEL.0569-28-3110

〒475-0073 愛知県半田市美原町1-228

Before⇒After U

  トイレ

before
矢印
after

まるごと収納・機能ドア

 

当社おススメの、TOTOのレストパル「まるごと収納」タイプへの交換工事です。使い勝手の悪かった内開きドアは、LIXILの中折れドアに交換しました。廊下は通り易くなり、トイレ内は手洗い・収納量が増えて、大変に使い易くなりました。お客様にも喜んで頂きました。

before
矢印
after

和式から洋式

 

タイル張り和式トイレを、洋式に変更。解体したら土台が全て腐ってボロボロに!土台の総交換でした。床を廊下の床高まで上げて、バリアフリーに。取付けた便器は、子供から年配にも使い易い高さで、広いボウルの手洗器を備えています。階段下を利用し物入を造りました。

before
矢印
after

トイレ 1Day工事

 

廊下から1段下った床をバリアフリーに、そして古くなった便器の交換工事です。
朝一番から、便器取外し⇒排水管延長⇒敷居取外し⇒床高調整・根太打ち⇒合板・CFシート貼り⇒便器取付 といったように、大変に慌しい工事でした。お客様も1日で、奇麗で使い易くなり大喜びでした。


  バスルーム

before
矢印
after

ユニットバス交換

 

数年前、他の業者で造成浴室をユニットバスに変更したのですが、何故かマンション用の小さいタイプが施工してあり、お孫さんとの入浴が狭く窮屈だったのです。他社の見積に来た人にも、マンション用しか無理です!と言われたそうです。当社は、その様な事は言いません。このスペースに入る最大のタイプを施工しました。お客様には、広くなった!と喜んで頂きました。

before
矢印
after

0.75坪⇒1坪に!

 

今回は、旦那さんの「浴槽に足を伸ばして入りたい!」の一言が重要なポイントです。つまり、浴室を広げるしかありません。そこで、洗面所側へ浴室を広げ、狭くなった洗面所は、隣にあった納戸へ移動。納戸分の収納量確保の為に、元の洗面所の場所は、高さ2.3Mの折戸を取付て大型収納に変更しました。旦那さんは「足が伸ばせた!」と言って喜んで頂けました。

before
矢印
after

造成〜ユニットバスに!

  

造成浴室の入口部分が腐った為、ユニットバスに変更する事になりました。解体が進につれて、とんでもない現実が明かになったのです。入口だけではなく、土台・柱・構造合板の全てが朽果てていたのです。急遽ユニットバス組立の予定を延期し、構造材の総交換となりました。よくテレビで見る様な工事となりましたが、家の為には今回のユニットバス工事は、大正解だったのです。


  耐震補強(補助金対象工事)

before
矢印
壁大将
矢印
after

かべ大将・エコカラット

    

耐震補強工事でDAIKEN かべ大将を施工しました。この製品は天井を壊さず施工が出来、なおかつ構造用合板を張るよりも強度が高いのです。仕上に、調湿力・ニオイ吸着力・VOC吸着力のあるエコカラットを貼りました。強度・機能・デザインと三拍子揃いました。

before
矢印
筋かい
矢印
after

部分耐震補強

   

押入のみ解体しての耐震補強工事です。居室の天井・壁・床を壊す事無く作業が出来るので、安価に出来る補強工事です。解体→筋かい取付→柱頭・柱脚に金物取付→天井・壁・床・天棚・中棚の復旧→建具を戻して完成です。サービスでフローリングにして点検口も取付けました。

筋かい
矢印
合板
矢印
after

筋かい・構造用合板

   

建物の出隅部分の耐震補強工事です。地震時に最も力がかかる部分なので、元々の筋かいに構造用合板をプラスしました。予想通り、解体してみると換気扇取付の為に、筋かいが切断されていました。筋かい交換・金物・構造用合板で補強しました。システムキッチンも取り換えて気分一新です。


shop info店舗情報

New Life KANEMITSU
金光表具内装店


〒475-0073
愛知県半田市美原町1-228
TEL 0569-28-3110
FAX 0569-29-0662
営業時間 08:30~18:00

kanemitsu_reform@qc.commufa.jp
文字化けする場合はこちら


下部アイコンをクリックで、
当社掲載ページが開きます。


Reform Contact


Reform Net


Google+


スマートフォン版